過去の記事

NPO法人小柳まむし坂は2020年2月29日(土)よりクラブの活動を自粛してきましたが、2020年6月14日(土)より一部活動を再開いたしました。

再開にあたり『活動再開にあたっての指針』を掲げ、感染症対策に十分配慮した形で再開しております。ホームグラウンドである小柳小学校の使用が再開されていない為、小柳公園運動広場を使用しての活動となります。対外試合や大会への参加は現時点では行っておりません。一日も早く子供たちがサッカーを思う存分楽しめる日常が戻ることを切に願うばかりです。


女子SS/エリーゼは2020年6月15日(日)より新体制にて活動を再開しております。

※当面の間、日曜日のみの活動となる予定です。


『全体練習』

日時:2020年6月15日(日)

場所:小柳公園運動広場


【HP管理人からの小言】

待ちに待った活動再開!「長かった~」って思う人は少なくないはず…当たり前にすることができた【サッカー】それが当たり前ではなくなったこの3ヶ月半。各々どんな気持ちでこの期間を過ごしたことでしょうか!?久しぶりに会った選手たちは、身長が伸びていたり、リフティングが上手になっていたりと、それぞれが自分が成長する大切な期間だったことでしょう。

女子SS/エリーゼが新体制となり初の活動。新キャプテンのつばさ選手にとっても初めてのチーム練習。照れくさそうに挨拶の号令をする姿は初々しかったです。そして新一年生が2名も新規入団してくれており、女子SS/エリーゼは総勢10名でのスタート。久しぶりの活動ということもあり今日は『とにかくサッカーを楽しもう!』ということで、ミニゲームを中心に活動しました。活動再開にあたり女子卒団生が9名も駆けつけてくれ、一緒にボールを蹴って楽しみました。あいにくの雨模様でしたが、一生懸命ボールを追いかける姿にこちらも自然と笑顔に・・・サッカーを楽しめているこの状況に感謝です。

少しずつ状況は元のように戻るはずです。対外試合も大会も再開されることでしょう。仲間とサッカーができる!ボールを蹴れる喜びを噛みしめ、これからの活動のひとつひとつを大切に過ごしていこう!


【活動の再開と同時に新規メンバー募集中です!】

卒団生たち

女子SS/エリーゼ 2期生が先日の小柳まむし坂SCの卒団式を経て無事に卒団いたしました。

当初、予定されていた女子卒団大会『プリンセス杯』も中止となり、チームメイトとボールを蹴る機会がないまま卒団と思っておりましたが、甲木代表のご配慮もあり、女子だけで最後にボールを蹴る機会をご提供いただきました。


日時:2020年3月22日(日)

場所:府中市少年サッカー場 関東村第3・4コート(府中市)

協力チーム:府中なでしこ

参加者:クラブに所属する女子選手とその保護者、関係者



【HP管理人からの小言】

「コロナウイルスなんて嫌いじゃ!」選手たちの華々しい卒団を思い描いていた矢先、巷では新型のウイルスが猛威を振るい、町クラブの我がチームまでに影響が・・・活動の自粛・・・

卒団前のホームグラウンド(小柳小学校)最後の交流試合も中止、そして最後の最後に行われる予定であった卒団大会(プリンセス杯)の中止と、悲しすぎる・・・

こんな中途半端で終わるなんて・・・コーチ陣の中でも、最後の活動は難しいかな・・・と諦めかけていた所にクラブ代表からの連絡。

とうとうこの日がやってきてしまいました・・・2期生の卒団。嬉しような悲しいような・・・複雑な気持ち。でも最後にボールを蹴る機会ができたことには感謝しかありません。

卒団生はもちろん、在団生、保護者の方々、エリーゼOGとその保護者の方々、府中なでしこさんとたくさんの方々に集まっていただいたことにも感謝です。

卒団選手達のプレーを改めて見ていると、昔のことを思い出します。先輩たちが数々の偉業を成し遂げ、引き継いだ2期生。プレッシャーは大きかったと思います。正直スタートはどうなってしまうのだろうとコーチ陣は心配でした。新体制での初の大会では惜しくも準優勝と好発進したもの、その後のリーグ戦では本来の力を発揮できないことも・・・

2期生の持ち味でもあるポジティブさ(切り替えの早さ)で幾度となく訪れたチーム危機も乗り越えてきた選手達!ここ最近ではチームとしての戦術、団結力、仲間を思う気持ちと色々な面で成長し、数々の大会でタイトルを手にするまでのチームとなりました。勝つことが当たり前だと思われていたエリーゼ。試合に勝つことの難しさ、チームで戦うことの大切さ、諦めないで最後までチャレンジすることの重要さ、今日のこの日までよく頑張ってきたなとつくづく思います。

今日は親子で汗を流し、在団生やOG選手、コーチを含んだ大人チームや他チームとの交流戦と良い思い出になったことでしょう。

その後に行われた、女子卒団お別れプチイベントも、当初は会館を借りての『お別れ会』が予定されておりましたが中止となり、関東村(屋外)にて小規模にて行いました。

OG選手・その保護者からのお祝いのプレゼント、思い出のたくさん詰まったDVD鑑賞、卒団生(2期生)からの出し物、在団生からのプレゼント、コーチからの一言、参加者全員でのエリーゼ大円陣と感動いっぱいの内容でした。

たくさんの関係者が2期生の卒団をお祝いすべく、準備に時間を費やしてきました。屋外での開催は、より心に残る思い出深いものになったと思います。

卒団生は今後もクラブチーム等でサッカーを続ける選手もいれば、中学の部活動で他のスポーツに挑戦する選手など様々です。どのような進路であってもコーチたちは応援しています!エリーゼの活動を通して身につけて学んだことを今後の活動にも生かしてもらえたら幸いです。


『卒団生(2期生)選手達へ』

仲間たちと同じ目標に向かって頑張ったこと、嬉しさも悔しさも一緒に味わってきたこと、これらは一生の宝物です。そして一緒に努力してきたことはずっと仲間の証です。仲間は困ったときに助けてくれる存在です。あきらめずにチャレンジすることを続けてください。努力は無駄にならず、必ずあなたの力になります。そして口うるさいかもしれないけど見守ってくれているお父さん・お母さんや家族に感謝の気持ちを忘れずに!ときに思いは言葉にして伝えるようにしよう!皆のこれからの成長を楽しみにしています!いつでもエリーゼに遊びに来てください!


『卒団生保護者の方々』

雨の日も風の日も、夏の暑い日々も、そして寒い冬の朝も選手たちを色々とサポートしていただき誠にありがとうございました。女子SS/エリーゼが活動できているのも、皆様のご理解とご協力があってのことだと思っております。試合会場にもたくさん応援に駆けつけていただいたことは選手達の力になったはずです。今後は『エリーゼ・ロス』になることが予想されます。既になっている方もいることでしょう(笑)いつでもいらしてください。お待ちしております。

女子選手とコーチとで集合写真

エリーゼ1期生の先輩たちが手作りの旗持参でお祝いに来てくれました!

交流戦では親子対決・在団生やOGと楽しくボールを蹴ることができました。

全員で思い出がたくさん詰まったDVD鑑賞

※エリーゼ1期生の保護者(福地ご夫妻様)に作成していただきました。ありがとうございました。

(写真上)エリーゼ1期生(OG)からのプレゼント!

(写真下)在団生から歌のプレゼント!卒団生一人ひとりの特徴を歌詞に載せてプレゼント!

在団生からのプレゼント エリーゼのユニフォーム型T-シャツに感謝のメッセージを添えて!

『キャプテン継承式』

2期生キャプテンるみ選手から3期生新・キャプテンつばさ選手へ

代々引き継がれてきたキャプテンマークを引き継ぎました!

頑張れ!キャプテンつばさ!


代表より

年間最優秀殊勲賞が発表されました!(2名)

キャプテン るみ選手

副キャプテン あんり選手

キャプテンとして、副キャプテンとして共にチームをまとめ、プレーでも皆を引っ張てきました!受賞おめでとうございます!(インタビューできずに残念…)


最後は参加者全員で大円陣!

2期生が考え、毎回の試合時に心を一つにして戦ってきた円陣!

これが最後の円陣!

『まむし👏👏エリーゼ👏👏目指すぞ№1  1点!!!』


エリーゼ2期生 8名 無事卒団!!!

★仲良しで最高のエリーゼ2期生★

のんの・かりん・かなこ・るみ

ゆい・あんり・ゆき・あき

【卒団おめでとう】

新型コロナウイルスが巷を騒がせている中、小柳まむし坂サッカークラブの35期生、女子SS/エリーゼ2期生の卒団式が規模縮小のもと行われました。

日時:2020年3月21日(土)

場所:小柳公園運動広場(府中市)

参加者:小柳まむし坂SC選手と関係者


【HP管理人からの小言】

本来であれば、ホームグラウンドである小柳小学校校庭にて行われる【卒団式】

3月に入って、クラブの活動も自粛となり、予定されていた卒団大会も中止。選手たちは自宅での自主練習など、フラストレーションがたまる年度末に・・・

卒団である3月に活動ができず、仲間にも会えずといった状況で、卒団式自体も中止になってしまうのではと心配していましたが、なんとか規模縮小という形で執り行うことができました。卒団生入場から幕を開け、クラブ代表、保護者会会長の祝辞、クラブ代表から一人ひとりに卒団証書の授与、各学年からの送る言葉、卒団生35期キャプテンからの挨拶、卒団生保護者代表の挨拶、ボールの蹴り上げと友情・愛情あふれる卒団式となりました。

小柳まむし坂35期生、女子SS/エリーゼ2期生、そしてその保護者の方々卒団おめでとうございます!

きっと近いうちに『まむし・ロス』になることでしょう(笑)いつでも遊びに来てください。

本当にお疲れさまでした!

新型コロナウイルスが流行する中、規模縮小にて行われた【卒団式】
卒団証書授与式
万歳三唱
『🙌🙌🙌』
女子SS /エリーゼ 小泉監督の閉会の挨拶
恒例の『ボールの蹴りあげ』

卒団おめでとう!
女子SS/エリーゼ 2期生 8名 卒団

おめでとうございます✨
エリーゼ2期生から組立式ゴールを寄贈していただきました!ありがとうございました。

日頃よりクラブの活動へのご理解・ご協力していただいている方々ありがとうございます。

学校並びに府中市文化部スポーツ振興課、サッカー連盟からの指示があり、当クラブでも昨今の情勢を考慮いたしまして、以下のように活動を自粛することが決定いたしました。何卒ご理解ください。


◆2020年2月29日(土)~2020年4月5日(日)の期間はホームグラウンドとなる府中市立小柳小学校施設を使用しての活動は休止との指示を受け、期間中に学校を使用する予定であった練習・大会はすべて中止とする。

◆2020年2月29日~3月20日(金)までに予定されていた遠征試合についても中止とする。

◆サッカー連盟から指示に従い、3月15日(日)までのクラブとしての活動は全て中止とする。それ以降の練習や試合については3月15日頃の状況次第で判断とする。

◆3月21日(土)に予定していた卒団式は開催場所を変更し規模を縮小して行う予定。

◆3月22日(日)女子の卒団招待大会(プリンセス杯)は開催する予定。

◆健康状態に不安がなく良好である選手については【自主的な練習】をすることは構わないが、クラブは自主練習には一切関与しないこととする。


※今後、どのような状況になるのか予想ができない状況であるため、都度状況を判断して今後の活動については決定して行く次第です。


特に卒業や卒団を控えた6年生にとっては、突然のこの状況は辛く悲しいと思います。世の中の情勢が上向くこと願うばかりです。

練習・試合を楽しみにしていた選手や保護者の方々、活動の体験を希望されていた方々、対戦相手とその関係者の皆様、残念ではありますが、今後とも当クラブの活動へのご理解・ご協力を引き続き宜しくお願いいたします。


小柳小まむし坂サッカークラブ

(NPO法人小柳まむし坂)

F.C.エスペランサさんにご招待いただきました。夏に続いて冬のファイナルカップにも声を掛けてくださりありがとうございます。

■大会名:第20回 F.C.エスペランサ女子ファイナルカップ大会

■開催日:2020年2月23日(月・祝)

■会場:東京学芸大学付属世田谷小学校

■参加チーム(全8チーム)

Aブロック(F.C.エスペランサガールズ・幸チェリーズ・駒林SCローザ・FC LIGAR AZALEIA)

Bブロック(横須賀シーガルズAMY・綾南FCガールズ・北区さくらガールズ・小柳小まむし坂SC Elise)

■結果

予選リーグ Bブロック(12分ハーフ)

第1戦 VS 綾南FCガールズ

前半0-0

後半0-1

合計0-1 ✖ 負け

得点者:なし


第2戦 VS 北区さくらガールズ

前半1-3

後半0-3

合計1-6 ✖ 負け

得点者:ゆい選手


第3戦 VS 横須賀シーガルズAMY 

前半0-1

後半1-1

合計1-2 × 負け

得点者:あんり選手

予選リーグ 4位 チャレンジトーナメント進出決定(5位~8位決定戦)

チャレンジトーナメント

1回戦(準決勝) VS FC LIGAR AZALEIA

前半0-2

後半0-0

合計0-2 ✖ 負け

得点者:なし

決勝戦(全体の7・8位決定戦) VS 綾南FCガールズ

前半4-0

後半0-3

合計4-3 〇 勝ち

得点者:かりん選手、ゆい選手(3)


【順位】チャレンジトーナメント3位(全体の7位)

【優秀選手】つばさ選手


【HP管理人からの小言】

花粉症との戦いでもあるどうしたエリーゼたちよ…ここ最近は調子も上がってきていて凄くよい感じだったのに…

まぁこんな時もあるね!と試合を振り返っていきます。

本日もエリーゼの挑戦は続きます。小泉監督の指揮のもと2バックのフォーメーションにチャレンジ!慣れない2バックシステムに選手たちは悪戦苦闘!マークがズレてズレて相手にゴールを許すシーンがどの試合でも見られました。やっているサッカー自体は決して悪くないのに、立ちあがりの悪さと、失点後のチーム雰囲気は相変わらずで、特に2試合目はそれを露呈するものになりました。久しぶりに大量失点での大敗。

家族のインフルエンザで自宅待機の、『かなこ選手の分まで頑張るぞ!』と円陣を組み、気持ちを切り替えての第3戦。相手のフォワードがディフェンスの裏を狙ってくる手強い相手に前半は2バックの選手達が困惑。後半はオフサイドトラップ(ディフェンスの最終ラインを高めに)をかけた全体的にラインを高めにすることで修正。だいぶ良くなりましたが時間も足りず3連敗。選手たちの心が折れたように見えました。

予選リーグは3連敗で4位。各リーグの3位・4位が集まるチャレンジトーナメントへ駒を進めることとなりました。

チャレンジトーナメント1回戦。0-2で敗戦。技術の問題ではない…気持ちの問題なのか…

チャレンジトーナメント最終戦。7位・8位を決定する言わばビリ決定戦。負けられない。

相手は予選リーグの初戦で対戦した綾南FCさん。リーグ戦でのリベンジを果たして勝ちたい相手。選手をピッチに送り出すと、相手チームのコーチが『うちは、5・6年生を首にしたので4年生でいきますから!』とのこと。4年生相手にうちはどう戦うのか…いつものように相手に合わせたサッカーをやってしまうのだろうか…キックオフ。

前半4点のゴールをあげていたが、良い方向でのエリーゼらしさは感じられずに後半は4年生を中心にした選手配置に。6年生のスタメンを全員ベンチへ。監督より『なぜ、ベンチに下げられたのか考えなよ!いつでも当たり前に試合に出られると思わないでくれる。』監督としては6年生にとっては残り少ない貴重な試合。最後までやり切ってもらいたい!という思いはあったはず…。前半4点のリードで折り返しましたが後半、相手は首になっていた5・6年生を復帰させ、1点差まで詰め寄られましたが、ベンチに下がっていた6年生をエリーゼも復帰させ勝負に!1点のリードを守り切り試合終了のホイッスル!全体順位で7位となりました。

決して悪くない試合ばかりでしたが、負の連鎖に陥ったエリーゼ。苦い経験となりました。

6年生にとっては残り少ないエリーゼライフ。最後まで悔いのないようにやりきってもらいたい!ただただそれだけです!

本日はご招待いただいたエスペランサさん、誠にありがとうございました。エリーゼの卒団招待大会も宜しくお願いいたします。そして応援に来てくださった保護者の方々ありがとうございました。かなこ選手、今回は良い結果を報告できずに申し訳ない。次回は全員でやりきろう!


全体の7位

【優秀選手賞】つばさ選手

※つばさ選手へインタビュー!!!

管理人『優秀選手おめでとうございます。名前を呼ばれたときはどうでしたか?』

つばさ選手『え!めっちゃビックリした。選ばれると思っていなかったから…6年生が選ばれるか、新しく入った4年生が選ばれると思っていたから…』

管理人『つばさ選手が今日特に頑張ったことはありますか?』

つばさ選手『ディフェンスするときに前にコーチに言われた一発でいかないようにって言われたからそうしないようにした。4.5年生で試合に出たときには周りの選手に声を少しは声を掛けたりした。』

管理人『では、最後に今後の目標を教えてください。』

つばさ選手『6年生がいなくなっても、今の4.5年生でなんとかできるようになりたい。』


つばさ選手は現在5年生。6年生が卒団したら自分がチームを引っ張らなければという思いがここ最近の試合を見ていて、出てきたように感じています。今大会も6年生を横目に4.5年生たちをまとめ、試合中は攻守の場面でよく走りチームに大きく貢献したいたことが選出の理由でした。以前であれば苦手だからと左足でのシュートは絶対に打たなかったつばさ選手。できない左足の練習もやりたくない!といっていたのに、今日は左足でのシュートを狙っていました。ハーフタイムでは左足で打ったけど上手くいかなかった!と私に声を掛けてくれたこと!つばさ選手の成長を感じて、すっごく嬉しかった。今回の優秀選手は間違えなく、つばさ選手です!おめでとうございます!


かなこ選手のためにも、気持ちを切り替えて【勝】
スタメンは発表する小泉監督
最終戦、いつもの主力メンバーはベンチに下げられ、それぞれが考える時間に…
主力が抜けて4年生中心でのメンバーとなり、一生懸命奮闘する選手たち!
全試合終了後のミーティング

地元である味の素スタジアム横のアミノバイタルフィールドで2日間かけて行われました。

3年生から5年生までが参加できる大会ということで、普段まむし男子で活動している女子選手を数名招集しての大会参加となりました。

■大会名:第3回 東京FA会長杯女子ミニサッカー大会

■開催日:2020年2月22日(土)・2月23日(日)

■会場:アミノバイタルフィールド(調布市)

■参加チーム(全36チーム ※個人参加合同チームを含む)

■結果

2020年2月22日(土)

1次リーグ戦

第1戦 VS 小平八小SC

前半2-1

後半2-0

合計4-1 〇 勝ち

得点者:はるな選手(2)、なるみ選手(2)


第2戦 VS 馬橋カリーナ

前半4-0

後半1-0

合計5-0 〇 勝ち

得点者:つばさ選手(2)、はるな選手(3)


第3戦 VS 東加平キッカーズ女子

前半1-1

後半1-1

合計2-2 △ 引分け

得点者:つばさ選手、なるみ選手

1次予選リーグ 2勝0敗1分 予選1位通過


2020年2月23日(日)

2次予選リーグ

第1戦 VS 調布コスモス

前半1-3

後半1-0

合計2-3 ✖ 負け

得点者:つばさ選手、はるな選手


第2戦 VS A-Girls RED

前半0-0

後半0-0

合計0-0 △ 引分け

得点者:なし

2次予選リーグ 0勝1敗1分 予選2位通過


決勝リーグ(シルバーリーグ)

第1戦 VS FC KISHIN PINK

前半1-1

後半0-0

合計1-1 △ 引分け

得点者:きらら選手


第2戦 VS 個人参加F

前半0-1

後半3-0

合計3-1 〇 勝ち

得点者:つばさ選手(3)

決勝リーグ(シルバーリーグ) 1勝0敗1分 リーグ内1位


【総合順位】4位(出場36チーム)


【HP管理人からの小言】

女子SS/エリーゼのメンバーだけでは人数がギリギリだったので、4年生から3名の女子選手に来てもらい参加しました。初日はコーチが私だけで不安はありましたが、選手たちの頑張りもあり、不安を吹き飛ばしてくれました!最近サッカーを始めたばかりの選手も数名おりましたが試合では全員を出場させ戦えたことに自己満足しております。そして結果は予選第1位!!!私の使命は達成!!!翌日の草刈コーチへ託すこととなりました。チームは4年生が中心で構成され、5年生つばさ選手をチームキャプテン、あおい選手をチームの守護神(ゴールキーパー)として戦いました。

初日、選手たちと優勝したらクレープ全員に買うと約束してしまった私…優勝できたら安いもんだと自分に言い聞かせ二日目を迎えました。

二日目、私は私用で昼過ぎには早退。最後まで見届けることができませんでした。

草刈コーチと松本コーチに二日目はお任せし、私は応援にまわりました。

二日目は昨日の予選を勝ち抜いてきた強者ばかりが集まるリーグへ…

5年生が中心のチームも多く、なかなか勝ち切ることができない試合となりましたがキャプテンのつばさ選手が、チームをしっかりと引っ張て行く姿に、感動し成長を感じました。あおい選手も好セーブを連発し、ゴールをしっかりと守ってくれました。頼りになる姿に感動!

総合順位を決める決勝リーグでは、1勝1分と奮闘し36チーム中4位。素晴らしい結果を残しました。来年の大会が楽しみです。

二日目は相手との接戦が多く、なかなか全員を出場させてあげられない試合もありましたが

全員で勝ち取った4位だと思っています。本当はクレープ買ってあげたかったけど…来年の優勝を期待して持ち越し!

助っ人に来てくれた女子3名の活躍は言うまでもありません。普段から男子とやっているだけあって、あたりは強く粘り強さを感じるプレーが随所に見られました。ご協力いただきありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

二日間応援に駆けつけてくれた保護者の皆様、たこ焼きを差し入れてくださったコーチの方々誠にありがとうございました。こちらも変わらず来年も宜しくお願いいたします(笑)

全体の4位 素晴らしい! おめでとう!

36チーム中4位は立派な成績!

多摩サッカークラブさんにご招待いただき参加しました。

■大会名:2019年度 多摩サッカークラブ女子部 卒業記念招待大会

■開催日:2020年2月11日(火・祝)

■会場:旧北貝取小学校(多摩市)

■参加チーム(全5チーム)

多摩サッカークラブ女子部、TK SPERARE ARIETTA、小平FCイレブンガールズ、南浦FCガールズユナイテッド、小柳小まむし坂SC Elise

■結果

総当たりリーグ戦

第1戦 VS 南浦FCガールズユナイテッド

前半1-0

後半1-0

合計2-0 〇 勝ち

得点者:かなこ選手、あき選手


第2戦 VS TK SPERARE ARIETTA

前半0-1

後半2-0

合計2-1 〇 勝ち

得点者:あんり選手、ゆい選手


第3戦 VS 多摩サッカークラブ女子部

前半2-0

後半2-0

合計4-0 〇 勝ち

得点者:ゆき選手(2)、ゆい選手、あき選手


第4戦 VS 小平FCイレブンガールズ

前半0-1

後半0-0

合計0-1 ✖ 負け

得点者:なし


【順位】準優勝

【優秀選手】あんり選手


【HP管理人からの小言】

昨年の年末から年始と大会連続優勝と勢いに乗っているエリーゼ!今大会も優勝し、三大会連続優勝を成し遂げようと挑みました。

今大会のチーム目標は①優勝②全員でチャレンジ③スルーパスと大会前に選手と確認しました。小泉監督と私とコーチ陣は2名体制。大会は審判の割り振りが一切ないコーチにとっては嬉しい大会。『今大会の指揮は任せる!』と監督から声をかけられ、毎晩寝ずに(嘘です)選手起用案を考えました!普段の練習への参加意欲、実力、学年などを考慮しながら全員が出場する機会を作り、色々なポジションを経験し挑戦することを大切にして挑むスタイル!言わば落川流!前回のTAMA CAPでもこの手法で指揮をとらせてもらい、見事に優勝!今回もこのスタイルで優勝を狙っていました。

初戦の相手は、南浦FCガールズユナイテッドさん。スロースターターのエリーゼは初戦はいつも、本来の実力を出せないで終わることが多いのですが、今回は違っていました!試合開始早々、かなこ選手のゴールで先制!後半でも開始早々追加点をあき選手がたたき込み初戦は白星スタート。

第2戦はTK SPERARE ARIETTAさん、以前の対戦成績では、負けている相手…今回はリベンジを果たしたい!そんな中、前半先制点を許し、追いかける展開に…後半エースストライカーとしての役目を果たした、あんり選手の同点ゴール。そして逆転弾を決めた、ゆい選手の活躍もあり勝利!

第3戦は多摩サッカークラブ女子部さん。ここ最近では何度も対戦している相手で親交も深めてきているチーム。試合の方はここ最近は怪我の関係でフル出場していなかった、ゆき選手が躍動!立て続けに2ゴールを決め後半戦へ…後半も、ゆき選手の勢いはとまらず、ハットトリック。最後は、あき選手のダメ押し弾で見事な勝利!チームを勢いづけました!

そして優勝がかかった最終戦。勝っても、引き分けても優勝が決まるこの試合。実は私は試合前から不安を感じていました。選手達は対戦相手が今大会まだ勝ち星がないチームと知り負けるはずがない、優勝した時はどんなパフォーマンスしようか…と試合前から優勝した時のことを話し合っている選手達…これはまずい雰囲気。試合前に『喝』を入れましたが、嫌な予感は的中!先制点を許し、自分たちの予定とは違う試合運びとなったことに焦る選手達。攻めているものの、焦りからなのかゴールは遠くハーフタイムに。小泉監督からも『激』か飛ぶ!選手たちの表情は重い…後半も攻め続けるがゴールネットを揺らすことはできずに試合終了。この時点で自力での優勝はなくなり、他チームの結果を待つことに…

そして、その結果優勝は逃し準優勝。悔しい悔しい結果となりました。コーチの力量不足でもありますが…

最終戦、完全に油断し相手チームへのリスペクト精神に欠けていたエリーゼ。準優勝は当然の結果だったように思います。ここへきて、また一つ学ぶことができました!

今大会、普段やらないポジションに挑戦してもらい、試合の中では、ここ最近練習を行ってきた【スルーパス】を意識したプレーも随所に見られていました!目標であった優勝は成し遂げられませんでしたが、全員で挑戦し出場すること、スルーパスを意識することはできたと思っています。6年生は残り少ない活動を、最後までやりきってもらうだけです!次の大会に向けて準備をしていきましょう!

多摩サッカークラブさん、いつも声をかけていただき誠にありがとうございます。またエリーゼの保護者の方々、応援ありがとうございました!選手たちの日々の成長をこれからも見守り続けていただければと思います!


悔しい準優勝・・・あと1勝・・・最後の試合・・・最後まで気を抜かない!

【優秀選手賞】あんり選手
※あんり選手へインタビュー!!!

管理人『優秀選手おめでとうございます。まずは今の気持ちを聞かせてください。』

あんり選手『嬉しいです。』(私だと思っていなかった)

管理人『なぜあんり選手が選ばれたと思いますか?』

あんり選手『・・・・』

管理人『では今日特に頑張ったということはどんなことですか?』

あんり選手『今日は色々なポジションをやるってことを聞いていたから、どのポジションでも練習したスルーパスが出せるように頑張りました。』

管理人『今日の準優勝を振り返ってどうですか?』

あんり選手『3試合目は自分のゴールでチームを盛り上げ勝てたけど、4試合目がフォワードとして点数を取ることができずに負けてしまったことは残念だった。』

管理人『今後の目標を教えてください。』

あんり選手『今日の4試合目のような試合になったときには、自分が必ずゴールを決めて勝ちたいです。』


あんり選手は今大会、他の誰よりも色々なポジション経験しました。普段はセンターフォワードのエースストライカーですが、今大会は色々とチャレンジしてもらいました。どのポジションでも動きが良く、特にセンターバックでの出場時は安定感のあるディフェンスと、落ち着いたボールさばきや、味方へのパスと随所に好プレーを見せてくれました。センターフォワードのポジションで出場した際は、きっちりと点数を決めチームの勝利に貢献した点も受賞の理由です。副キャプテンとして今後もチームを盛り上げるプレーに期待しています!

あんり選手おめでとうございます。


ここ最近の練習の成果なのか・・・だいぶ意識できるようになってきた【スルーパス】

試合前のスタメン発表と作戦会議

全4試合を3勝1敗・・・

惜しくも準優勝!悔しいけど次へつなげよう!

【20】るみ選手
【3】あおい選手
【99】あき選手
【10】あんり選手
【12】かなこ選手
【4】かほ選手
【22】かりん選手
【5】つばさ選手
【19】のんの選手
【21】まこ選手
【36】ゆい選手
【31】ゆき選手

【14】きらら選手

■大会名:2019京王少年少女サッカーフェスティバル inアミノバイタルフィールド

■開催日:2020年2月9日(日)

■会場:味の素スタジアム アミノバイタルフィールド

■参加チーム16チーム

■結果

第1戦 VS 青梅新町ショコラ

0-3 ✖ 負け


第2戦 VS 塚戸フォルトゥーナ

2-1 〇 勝ち


第3戦 VS 府中なでしこ

0-3 ✖ 負け


【HP管理人からの小言】

エリーゼ2~3年生3名と国立SSSさんの2年生3名の合計6名でチームを作り出場しました。

なかなか勝ちきれない試合もあったようですが、選手たちにとっては良い経験になったと思います。まだまだこれからが楽しみの世代!伸びしろは無限大!たくさん練習して、もっともっと上手くなって、サッカーを楽しもう!

一緒に参加してくださった国立SSSさんありがとうございました。

応援や大会運営の係と活躍してくださった保護者の方々ありがとうございました。

左から【もね選手】【この選手】【ななみ選手】
遊ぶことも忘れていません!さすが!

国立SSS Girlsさん、小金井緑さんからお誘いを受け、各チームに助っ人メンバーとしてエリーゼ選手が1月25日(土)の予選リーグのみ参加させていただきました。

■大会名:第4回 横浜招待少女選抜サッカー大会

■開催日:2020年1月25日(土)・1月26日(日)

■会場:横浜スタジアムorしんよこフットボールパーク

■国立市少女選抜にて参加…あき選手、あんり選手、かなこ選手、かりん選手、のんの選手、ゆい選手、ゆき選手、るみ選手

■小金井FC Girlsにて参加…つばさ選手、きらら選手

■結果

国立市少女選抜(横浜スタジアム)

第1戦 VS 藤沢トレセン

前半0-1

後半1-0

合計1-1 △ 引分け

得点者:あき選手

第2戦 VS 厚木アンティーム

前半0-2

後半0-0

合計0-2 ✖ 負け

第3戦 VS 横浜少女トレセンA

前半0-1

後半0-3

合計0-4 ✖ 負け


小金井FC Girls(しんよこフットボールパーク)

第1戦 VS 町田ガールズ

3-5 ✖ 負け

得点者:きらら選手、つばさ選手

第2戦 VS 川崎少女トレセンB

2-2 △ 引分け

第3戦 VS 横浜少女トレセンU-11

0-3 ✖ 負け


【HP管理人からの小言】

エリーゼの選手が他チームへ助っ人として参加させてもらうのは初めてではありませんが、とっても貴重な体験ができたのではないでしょうか。普段一緒にプレーしていない他チームの選手と同じチームメンバーとしてプレーすることは刺激になります。声を掛けていただいた国立SSSさん、小金井緑さん誠にありがとうございました。

横浜スタジアムでサッカーやるなんて、やりたくてもできないし、うらやましい!

整備された天然の芝でプレーできることに感謝しないと!行きたかった!

近年、女子サッカー人口は減少傾向にあるのでしょうか…一時は女子サッカーも盛り上がってきたと思っていましたが、ここ最近耳にするのは、選手が少なくなってきて…試合ができない…チームの存続が危うい…など女子サッカーの未来を案ずるフレーズばかり…わがエリーゼも他人ごとではなくなってきています。もっともっとサッカーの魅力が広がり、女子サッカーが今以上に盛り上がることを願うばかりです。


横浜スタジアムでのサッカーの試合なんて凄い!
横浜スタジアム組は試合後に中華街へ
豚まん、タピオカドリンク、ソフトクリームなど、中華街を少しだけ満喫
しんよこフットボールパーク組は、差し入れした【エリーゼ】という名のお菓子を皆で食べました!

■大会名:2019年度 ニーニャスリーグ

■開催日:2020年1月11日(土)

■会場:小金井市立第4小学校(小金井市)

■リーグ戦(西2グループ 9チーム)

【SERARE鶴牧合同・FC SEISEKI VENERE GIRLS U-9・小金井レジーナ・Grant FC Joias・SKH(皐月・欅・東大和)・稲城ガールズ・フェリシダージェガールズ・府中なでしこ・39SSSまむし Elise】

■試合結果

第7節 VS フェリシダージェガールズ

結果7-1 〇 勝ち


第8節(最終節) VS 小金井レジーナ

結果4-1 〇 勝ち


【HP管理人からの小言】

昨年から参戦してきましたニーニャスリーグが本日をもって、全ての日程が終了しました。

有終の美を飾ることができました!

今大会は、台風の影響や天候不良など予定していた昨年内での終了予定が、年明けまで延期され、参加選手も日程調整に苦戦させられる大会でした。ニーニャスカップ(決勝大会)へ進むことはできませんでしたが、どの選手もサッカーを楽しみながら、たくさんの経験をしてくれたと思います。他チームとの合同チームは新鮮で、サッカー仲間が新たにできたことも収穫の一つです。

国立SSSコーチの金澤さんをはじめ、会場提供や運営にご協力いただきました、各チームの関係者の皆様、選手の活動を支え、応援してくださった保護者の方々に、心より御礼申し上げます。選手のみんなにも、この経験を今後のサッカーライフへ活かしてもらえたらと思います。

府中なでしこさんからの声掛けていただき、府中なでしこさんとの合同チームで参加しました。初日のリーグ戦は、別大会のために不参加。二日目の順位決定リーグ戦のみ参加させていただきました。

■大会名:第26回 少女サッカー都県チーム 関東・東北交流大会 2019

■開催日:2020年1月11日(土)・2020年1月12日(日)

■会場:吉見町ふれあい広場陸上競技場(埼玉県)

■大会形式

1月11日 リーグ戦(3グループ 9チーム)

1月12日 順位決定リーグ戦(3グループ 9チーム)

■参加チーム

【埼玉バロミーナ ホワイト、埼玉バロミーナ レッド、福島県選抜、茨城県トレセン、KGL選抜、武田消毒ジェイドFC、群馬県トレセンU-12、CHIBA United、東京(府中なでしこ&小柳まむし坂 Elise合同)】

■結果

1月11日(土)予選リーグ戦【埼玉バロミーナ ホワイト、福島県】 0勝2敗→リーグ戦3位 ※Elise不参加

1月12日(日)順位決定リーグ戦(3位パート 武田消毒ジェイドFC、群馬県トレセンU-12、東京)

第1戦 VS 武田消毒ジェイドFC

前半7-1

後半4-0

合計11-4 〇 勝ち

得点者:かなこ選手、ゆい選手、あんり選手、ゆき選手、府中なでしこ選手(計5)、オウンゴール(2)


第2戦 VS 群馬県トレセンU-12

前半 2-0 ※Elise選手のみ出場

後半 1-0

合計 3-0 〇 勝ち

得点者:ゆき選手、ゆい選手


【HP管理人からの小言】

こんな機会に恵まれるなんて…天然芝のグラウンド、関東・東北から集まる他県のチームとの対戦、選手たちにとって貴重な体験になることは必至。行きたかった…(私は仕事で行かれませんでした。)

府中市内で女子サッカーチームとして活動している、府中なでしこさんと合同のチーム、言わば【府中選抜】で参加させてもらいました。大会初日は別大会が入っていた我がエリーゼ(6年生)は二日目だけの参加。初日から行けていたらと思うと…

他チームの選手と同じチームでプレーすることは、過去にもありましたが、絶対的に刺激になり、私も一番に推奨する活動です。サッカーをする仲間が増える。知り合いが増える。点も素晴らしいと思います。

他県は県単位でのトレセンや選抜されてのメンバー構成に対して、府中の女子選手達の底力とレベルの高さを魅せられたのではと思います。

11日の別大会で優秀選手に輝いた、かなこ選手。かなこ選手は次はゴールを決めたい!と受賞時のインタビューで語ってくれていましたが、その目標が翌日には達成!かなこ選手にとってはエリーゼ初ゴール!二日目の初戦の先制点をたたき込んだそうです!乗りに乗っていますね。おめでとう!

二日目の第二戦の群馬県トレセンU-12さんとの試合は、前半メンバーはエリーゼ選手のみででの出場。群馬のトレセン相手に2得点、無失点は上出来です!素晴らしい!

二日目の3位パートでのリーグ戦優勝と、優勝という言葉に、最近チームの実力が追い付いてきた感じがします。この勢いで、今後の大会も頑張ってもらいたいですね。

今回の大会を合同チームで戦ってくれた、府中なでしこさん。ありがとうございました。同じ市内で活動するチーム同士、今後もよろしくお願いいたします。

また、朝早くから車を出していただき、現地までの送迎や応援をしてくださった保護者の方々ありがとうございました。

これからが益々楽しみです!



着馴れないユニフォームに袖を通し、いつものエリーゼの円陣!
かなこ選手の得点シーン!
初ゴールおめでとう!
【府中選抜】
府中なでしこ&小柳まむし坂エリーゼ

新年を迎えて最初の対外試合は多摩サッカークラブさんからご招待いただきました

『TAMA Girls CUP』でスタート!

■大会名:第6回 TAMA Girls CUP U-12の部

■開催日:2020年1月11日(土)

■会場:宝野公園(多摩市)

■参加チーム(全5チーム)

多摩サッカークラブ女子部、FC LIGAR AZALEIA、高島平SCレディース、町田フェアリー相原、小柳小まむし坂SC Elise

■結果

総当たりリーグ戦 

第1戦 VS 町田フェアリー相原

前半0-0

後半1-0

合計1-0 〇 勝ち

得点者:ゆい選手


第2戦 VS 高島平SCレディース

前半0-0

後半2-0

合計2-0 〇 勝ち

得点者:ゆい選手、あき選手


第3戦 VS FC LIGAR AZALEIA

前半0-1

後半2-0

合計2-1 〇 勝ち

得点者:まこ選手、あんり選手


第4戦 VS 多摩サッカークラブ女子部

前半1-0

後半2-0

合計3-0 〇 勝ち

得点者:あんり選手、あき選手、ゆき選手


【順位】優勝

【優秀選手】かなこ選手


【HP管理人からの小言】

年末の小金井緑さんの招待大会を優勝で締めくくり、新年も良い結果(優勝)でスタートできるよう臨んだ今大会。小泉監督、草刈コーチと不在の中、コーチは私一人とプレッシャーを感じながらも、とにかく全員サッカーで、色々なことへ挑戦しながら、サッカーを楽しんで終わろうと心に決めて指揮をとらせてもらいました。性格的な性分もあり、数日前から対戦チーム毎にスタメンやポジション、選手毎の出場時間など綿密な計画をたてていました(笑)

のんの選手が家族のインフルインザの影響で、大会には参加できず、のんの選手の分まで頑張って、優勝を持ち帰ろう!とチーム一丸となって戦いました!

皆で楽しむ全員サッカー、普段出場機会が少ない選手も、今大会は皆が同じぐらい出場時間を確保できるよう選手起用を考慮するのと、普段やることが少ない不慣れなポジションで選手達を起用し、チャレンジの中から、何かしら得てもらいたいと考えていました。

初戦、不慣れなポジションに不満な表情をみせる選手達をピッチに送り出し、のんの選手のためにも勝つぞ!と円陣を組んで試合開始。前半はピッチコンディションに慣れず、足元にボールが収まらない展開。後半センターハーフで起用していた、ゆい選手が待望の先制点!

見事に初戦を勝利しました!

第二戦の高島平SCレディースさんは、以前に対戦して負けている相手だけに、リベンジを誓い臨みました。前半は押してはいるものの点数にはつながらずハーフタイム。

後半もチャレンジするためのポジションで送り出す。ベンチに残った3選手全員が、なぜだか泣いている!「どうした?どうした?」不慣れなポジションで上手く動けなかった悔しさから涙する者、限られた出場時間で思うような動きができなかったと涙する者、お腹の調子が悪く交代となり痛みと悔しさに涙する者、この状況に一瞬困惑したが、選手たちの熱い気持ちに触れ、コーチとして身が引き締まる思いと、チャレンジさせることの意義を実感した。

その思いが伝わったのか、試合終了間際に、ゆい選手の本日2点目!さらには左サイドバッグで起用されていた、あき選手が豪快で華麗なミドルシュートでダメ押しの追加点!あき選手の小さな控えめなガッツポーズが印象的でした!

第三戦のFC LIGAR AZALEIAさんとの試合は、終始攻め込んでいたものの、ちょとした連係ミスから失点。追い掛ける展開に…後半逆転するためには、とにかく点数が欲しいところだったが、全員サッカーにはこだわりたく、センターフォワードにはあえて数か月前に入団したばかりの、まこ選手を起用!その、まこ選手がやってくれました!後半開始早々に同点弾をたたき込んでくれたのです!しかも招待大会初ゴーーーール!

正直なところ得点を取ってくれるとは想像していなかったので驚きと歓喜で心が震えました!その後途中で、あんり選手と交代しチームのエースストライカーに勝負の行方を託しました!そして試合終了間際、うちのエースストライカーがやってくれました!手に汗握る逆転劇を魅せてくれました!

そして優勝がかかった第四戦。年末からの招待大会連続優勝がかかったプレッシャーのかかる大一番。もちろん全員サッカーとチャレンジで戦いました!普段はゴールキーパーとして出場するだけだった、あおい選手もフィールドプレイヤーとして起用。動き方がわからず悔しいい思いをしていた、かなこ選手自ら今一度チャレンジさせて欲しいと直談判に来たので、その気持ちを汲んで起用。攻守ともに積極的なプレーで貢献してくれました。

試合結果は3-0で勝利!見事に年末年始2大会連続優勝を達成しました!素晴らしい!

6年生は卒団の時期が徐々に近づいてきているなか、チームの雰囲気は最高潮!自分の為だけに戦うのではなく、チームメイトと共に戦う姿勢が今大会の結果にも繋がったのではないでしょうか!?

今回の全員サッカーではチームとしての底上げに、そして不慣れなポジションにチャレンジしたことで、そのポジションの大変さを知り、改めてチームメイトへのリスペクトが生まれてくれたのではと思います。これからも色々なことにチャレンジしてもらいたいです!

いつも声をかけていただき、お世話になっている多摩サッカークラブさん、誠にありがとうございました。たくさんの保護者の方々やOGの応援のおかげで、優勝を勝ち取ることができました。ありがとうございました。

11人全員で勝ち取った見事な『優勝』

おめでとう!


今大会は全員サッカー、あらたなチャレンジを誓い、優勝を目指す!!!

どの試合も楽しくチャレンジし、観ている側もハラハラドキドキの試合ばかりでした!

やっぱり『優勝』は何度しても気持ちが良い!

解散場所に、のんの選手が…
『優勝』の報告

【優秀選手賞】かなこ選手

※かなこ選手にインタビュー!!!

管理人『優秀選手に選ばれましたが、今の感想を聞かせてください?』

かなこ選手『ビックリした。選ばれると思っていなかった。まこ選手が初ゴールだったから、まこ選手だと思っていた。』

管理人『今日は慣れないポジションにも挑戦し悔しい思いもしたと思いますが、どうでしたか?』

かなこ選手『難しかった。攻めたり守ったりと切り替えが速くてついていけなかった。どう動いていいのかがわからず、できない自分が嫌で・・・』

管理人『今日の大会で、頑張ろうと思っていたことはありますか?』

かなこ選手『とりあえず、普段はパスばかりなので、シュートを遠くからも打とうと思っていました。』

管理人『では、最後に今後の目標を教えてください。』

かなこ選手『次はシュート決めたいです。あと転ぶ場面が多かったので、もっと体幹を鍛えて、スタミナもつけて最後まで走り切れるようになりたいです。』


かなこ選手が言っているように、積極的にシュートを狙っていくシーンがたくさんありました。目標にしていたことが、今日の大会で達成できていたと思います。普段はやったことのないポジションで動き方がわからず悔しい思いを全面に表現していた、かなこ選手が、自らまたいつもとは違うポジションで挑戦する機会が欲しいと言ってくれたことは、何より嬉しかったです。決して大きくはない体で、相手の攻撃を何度もストップし、必死になってプレーする姿と、何度でもあきらめずにチャレンジする姿勢が今回の優秀選手選出となりました!これからもチャレンジすること続けていってください。


かなこ選手おめでとうございます。